ブライダルエステ/マタニティ/シェービング 恵比寿 板橋 北千住の『Pulun-Puan』

妊娠5ヶ月目からのお腹セルフマッサージのすすめ

今回は、妊娠中にお腹のセルフマッサージをすると、どんないいことがあるのか?

というお話をしたいと思います。

 

まずは・・・

1.妊娠線予防となる

妊娠16週(5か月)くらいになるお腹がだいぶ大きくなってきたなぁー。と、実感してきますよね。
そこでこの時期から気を付けたいことは、『妊娠線』です。
妊娠線とは、赤ちゃんの急激な成長に皮膚の伸びが追い付いてゆかず、皮下組織に亀裂が入ります。

その結果、線状となって皮膚表面に残ってしまう状態が妊娠線です。

これを防ぐには食べ過ぎや太りすぎにも注意が必要ですが、妊娠線は皮膚の乾燥によりできやすくなるのです。

そこでクリームやオイルを使ったマッサージが妊娠線予防には効果的なのです。
ちなみに妊娠線はお腹だけではなく、腰周りやヒップ、太ももライン、胸などもできやすい場所なので注意してくださね!

そして、できれば妊娠線予防専用のクリームを使うことをおすすめいたします。

それは効能だけではなく、妊娠中は注意しなければならないアロマ成分もあるからです。

成分に詳しくなくても、マタニティさん専用のものなら安心して使えますよね。

 

 

2.赤ちゃんとのコミュニケーション

胎児は5か月くらいで、ほぼ聴覚の機能が完成し音を聞き取れるようになります。

この頃にはお腹の中で、すでにママやパパの声を聴いているんですよ!
だから赤ちゃんは「ん!? お母さん、お腹のあたりマッサージをしているのかな?」と、音を耳で聞いてちゃんと感じでいるのです。
そうすると、たまにポンっとお腹を蹴ってくることがあります。

そのときはお腹をポンっとたたき返してみてください。

赤ちゃんがそれを聞いて、またポンっとたたき返して遊ぶことがあるそうですよ。
まだ産まれる前からコミュニケーションがとれるって、なんだか嬉しいですよね。^^

 

是非ご自宅でもお腹のマタニティマッサージ、試してみてください♪

(Kaburagi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP