Blog

ブログ

マタニティ

妊娠中に役立つアロマセラピー|シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店

こんにちは、シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店の蕪木です。

妊娠中は、身体にさまざまな変化により体調不良も起きやすくなる時期。

かといって薬も安易には服用したくないですよね。

そんな時はアロマを上手に活用してみてはいかがでしょうか?

 

アロマセラピーとは?


そもそもアロマセラピーとはなんでしょうか?

それは植物を用いて傷や病気の予防、リラックス、ストレスの解消などを目的とした自然療法のことです。

方法としては、直接香りによって脳に働きかけることやアロマオイルを使い皮膚から経皮吸収をさせ症状を緩和させるやり方などがあります。

 

妊娠中のアロマの活用法


妊娠初期は、芳香浴からはじめてみてはいかがでしょうか?

芳香浴とは、アロマディフューザーなどを使い香りを楽しむ方法です。

ディフューザーをお持ちでない方は、マグカップにお湯を注ぎそこにアロマを垂らしてあげるだけで香りを楽しむことができます。

また、ハンカチやガーゼなどにしみ込ませて持ち歩けば、外出中にちょっと体調がすぐれないという時に気分をリフレッシュさせてくれます。

安定期に入る妊娠中期以降は、アロママッサージを取り入れてあげると良いでしょう。

このころになるとお腹も大きくなり、むくみや腰痛、肩こりがひどくなったりと体にかかる負担が増してくる時期ですので身体の疲れを取り除くにはとても効果的です。

また、湯船に精油を数滴たらして入るアロマバスもおすすめです。

ただし、精油はそのまま直接肌につけて使用してはいけません。

マッサージを行う際はベースのオイルにブレンドし、アロマバスはよくかき混ぜてから入浴をされるよう注意してくださいね。

 

妊娠中にアロマを使用する際の注意点


精油は多くの種類があり、心地よいと感じる香りを選んで頂くことが良いのですが、精油の中には妊娠中、注意して使用しなければならないものもあります。

それは子宮(生殖器系)に働きかける効果が高い精油もあるからです。

柑橘系の精油はほとんど問題ありませんが、例えば、ローズやジャスミン、クラリセージ、カモミールなど、生理を促したり生理不順を改善する作用などもあるため注意が必要となります。

しかしその一方、分娩を促進する効果もありますので、専門のアロマセラピストや、最近は積極的にアロマを取り入れている病院などもありますので、ご自宅でお使いの際には一度ご相談されてから使用されることをおすすめいたします。

 


アロマは、むくみや痛み、疲れやすさ、食欲の変動、心のやすらぎをもたらしてくれたりと様々な効能があります。

上手に活用してあげることで、より幸せなマタニティライフを過ごせるのではないでしょうか?(^^)

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 



LINE@を始めました♪

ご登録頂いた方には、「ヘッドマッサージ」または「小顔クリームマッサージ」どちらかが無料です♪

ご登録は簡単です(^^)

1.下記、「友だち追加」ボタンをクリックして、ご登録ください

2.LINE@から、当店へご予約をください(ご予約時は、必ず店舗名の記載をください)

3.スタッフからご返信させて頂きますので、ご予約日にご来店頂いた際にプレゼントさせて頂きます♪

友だち追加

【関連記事】


「妊娠中に腰痛にならないための3つの予防法」

腰痛は一度痛めてしまうと、なかなか回復までに時間がかかってしまう場合もありますし、産後はさらに育児で身体に負担がかかりますので、、、(続きはこちら

 

今後ともシェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店を宜しく致します。