Blog

ブログ

マタニティ

産後の肌荒れとケア法 | シェービングエステサロンPulun-Puan北千住

こんにちは、シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店の蕪木です。

本日は、産後の肌についての記事を書きたいと思います。

と言いますのは、当サロンではマタニティマッサージを受けに妊婦さんにもご来店頂いており、またご出産後も、お忙しいお時間の合間をぬって多くの方にご利用頂いているのですが、皆さまのお話を伺うと、育児の忙しさで中々ご自身のケアが充分に出来ず、いよいよどうにかしないといけないな…、と言う思いでご来店頂いている方が多いようです。

そんなお忙しいママのお役に少しでもなれればと思います。

 

産後、肌荒れは何故起こりやすい?


産後は育児や家事に追われ、なかなかケアが充分に行えずお手入れ不足が原因ということもありますが、それ以外でも肌荒れを起こしやすい原因はあります。

・ホルモンバランスの乱れ

・寝不足や生活リズムの乱れ

・栄養バランスの偏りによる胃腸の乱れや便秘

このように様々な原因から肌荒れは起こりやすくなります。

産後間もなくは女性ホルモンが急激に低下しやすくなり、不安定になりがちです。

例えば、更年期に肌が急に敏感になったという話を耳にしたことありませんか?

実は、女性ホルモンと肌との関係はそれだけ大きく関わりを持っているのです。

また、赤ちゃんの夜泣きなどで充分に睡眠がとれなくなってしまうと今度は成長ホルモンに影響を及ぼします。

成長ホルモンとは主に寝ている間に活発となり、肌への細胞活性やターンオーバーに関わるホルモンです。これが低下することで肌にも影響を及ぼすのです。

最後に栄養バランス。

授乳中は特に体内に必要な栄養がいつも以上に失われやすくなります。

また、ついつい忙しいさで食事が疎かになってしまうと胃腸の働きが低下し便秘などが起こり肌荒れと繋がってしまうのです。

 

産後のケアを考える


では、肌荒れを起こさないためにはどうしていけばよいのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れによるものは、自身で解決することもなかなか難しいことと思いますし、ある意味徐々に乱れが整っていくことを待つしかありません。

ホルモンの乱れによる肌荒れは、肌が敏感になっている場合が多いので肌に低刺激な化粧品に変えてみるのも良いかもしれません。

また、寝不足や育児ストレスをなるべく抱えないために何かリラックスできる方法はないかを考えてみることが大事です。

例えば、ひとりで頑張り過ぎず周囲の人に甘え、自分だけの時間を過ごしてみたり、赤ちゃんが寝ている時間を自分も休む時間と割り切って休養したり、スキンケアだけではなくストレスをためないこともまた、肌を健やかにさせてくれます。

便秘がちの方は、なるべく水分や植物繊維が多いものをとるよう心掛けてみてください。

また、どうしても食事生活が乱れやすくなってしまうという方は、サプリメントを上手に活用してみても良いかと思います。

いかがでしたでしょうか?

育児とプライベートとの上手な付き合い方を見つけて健やかで綺麗なママを目指していきましょう。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました(^^)


LINE@を始めました♪

ご登録頂いた方には、「ヘッドマッサージ」または「小顔クリームマッサージ」どちらかが無料です♪


ご登録は簡単です(^^)

1.下記、「友だち追加」ボタンをクリックして、ご登録ください

2.LINE@から、当店へご予約をください(ご予約時は、必ず店舗名の記載をください)

3.スタッフからご返信させて頂きますので、ご予約日にご来店頂いた際にプレゼントさせて頂きます♪

友だち追加

関連記事


「妊娠するとシミが濃くなる理由と予防法」

妊娠をするとシミが濃くなると耳にしたことがございませんか?

シミとなる原因には3つの要素があるのですが、この中で妊娠中のシミに最も関わっているのが「ホルモンの影響」です。女性には黄体ホルモンと、、、(続きはこちら

 

今後ともシェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店を宜しく致します。