Blog

ブログ

お知らせ

その鼻ニキビ、実は違うかも?見分け方とケア法|シェービングエステPulun-Puan北千住店

こんにちは、北千住店・板橋店・恵比寿のシェービングエステサロンpulun-puan(プルンプァン)の蕪木です。


みなさんも一度くらいは鼻に赤くて痛いニキビが出来てしまった経験があるのではないでしょうか?

痛いし赤いし、かなりの存在感で顔のど真ん中に居座っている日の気分は、テンション下がりっぱなしですよね…。

今日は、そんな鼻ニキビの種類とケア法をお伝えしたいと思います。

 

実はニキビではないかも?


私もここまでニキビ、ニキビと綴っておりますが、実はそれ、ニキビではない可能もあります。

実は面疔(めんちょう)と呼ばれているものかもしれません。

よく「鼻にメンチョが出来ちゃった。」と会話に出るあれです。

正式には面疔と言うのですが、ニキビと同じと思っている方も多いのではないかと思います。

ではニキビとの違いは何でしょう?

 

面疔とニキビの違いと見分け方


面疔とニキビは、まず炎症を引き起こす原因菌に違いがあります。

面疔は、「黄色ぶどう球菌」というものが毛穴の奥に侵入し炎症や化膿を引き起こすものです。

一方ニキビは、「アクネ菌」というものが毛穴内で繁殖し炎症を引き起こすもの。

それが違いなのですが、それではどちらなのか判断がつきませんよね?

簡単な見分け方としては、触れた時の痛み具合です。

面疔の場合は毛穴深部で炎症や化膿を引き起こしているため、触れただけで痛みが強く感じます。

 

出来ちゃったときのケア方法


(面疔の場合)

面疔が出来てしまった場合は1週間位は炎症が続きますが、そのままでも自然には引いてきます。

ただし気になるからといって触ってしまったりしてしまうと治りにくくなってしまうので患部は触れずに、洗顔やメイク時なども極力刺激を与えないように気をつけましょう。

早めに治したい場合は市販の軟膏や、やはり一番は皮膚科で抗生剤を処方してもらうのが安心かつ、回復が早いでしょう。

(ニキビの場合)

ニキビは毛穴内にある皮脂をエサに、アクネ菌が増殖して炎症を引き起こすことが原因です。

なので肌環境を整えることが何より。

まずは毛穴に詰まった皮脂をきちんと取り除き、アクネ菌が増殖しにく環境を作りましょう。

また、保湿を怠ると肌のバリア機能が低下し菌が侵入しやすくもなりますので、保湿ケアも忘れずに。

 

如何でしょうか。

もしも鼻に炎症が出来てしまった場合でも見分け方と正しいケアを知り、ハッピーな毎日をお過ごしして頂けれと思います♪

また、ニキビは皮脂だけではなくそれ以外でも様々な要因がありますので、ニキビに関してはまた今後もお伝えしていきたいと思っております。(^_^)

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

今後とも、シェービングエステサロンpulun-puan北千住、板橋、恵比寿店をどうそ宜しくお願い致します。