Blog

ブログ

お知らせ

鼻の黒ずみの原因とおすすめケア法 | シェービングエステpulun-puan北千住

こんにちは、北千住・板橋・恵比寿のシェービングエステサロンpulun-puan(プルンプァン)の蕪木です。


突然ですが、女性の半数以上が「鼻の黒ずみ」を気にしていることをご存知でしょうか。

確かに鼻の黒ずみって頑固でなかなか消えないし、鼻は顔の中心部分の目立つ場所でもあるので本当に嫌ですよね。

今回は、そんな毛穴の黒ずみについての原因とケア法についてお話させて頂きます。

 

黒ずみの原因は皮脂詰まりだけではない?


鼻の黒ずみの原因は、皮脂が溜まってしまて起こってしまうということをご存知の方も多いかと思います。

しかしそれだけではありません。

実はメラニンの影響で起きてしまう場合もあるのです。

つまり鼻の黒ずみは、〝皮脂”によるものと〝メラニン”によるものとで大きく分類されます。

ではその2つはどのようにして起こり、どのようにケアをしてあげるとよいのでしょうか?

 

皮脂による毛穴の黒ずみとケア法


人間の顔は中心部分に毛穴が多く集まっています。

皮脂は毛穴から出るもの、だからTゾーンや鼻・アゴまわりは皮脂が多く出てしまう場所なのです。

また皮脂は油分ですので空気に触れると酸化をおこし硬くなります。

さらに油分でべたつきもあるため、空気中のホコリや汚れを付着されることにより結果的に毛穴の黒ずみとなってしまうのです。

 

では、どのようなケアをしていけばよいのでしょうか?

この場合は皮脂詰まりによる汚れが原因ですので、きちんとした洗顔が前提となりますが、おすすめなのはオイルクレンジングを使用すること。

オイルは液体なので毛穴に入りやすく、毛穴の中まで洗浄がされやすい。

また、同じ油分なので皮脂ともなじみが良いということが理由です。

ただし、オイルクレンジングを毛穴の中に残したままでは逆効果となりますのでダブル洗顔もしっかりと行ってくださいね。

また、皮脂を毛穴にためないために定期的なスクラブやピーリングケアもおすすめです。

 

メラニンによる毛穴の黒ずみとケア法


メラニンとは、シミの元となる色素のこと。

主に紫外線が肌にあたった時に、肌にあるメラノサイトという細胞が活発化され、メラニンが排出されます。

そして鼻は顔の一番高い位置にあるため、より紫外線があたりやすくなり毛穴の周りにメラニンが増えることで毛穴の黒ずみとなってしまうのです。

 

この場合のケア法としては、UVケアと美白ケア。

メカニズム的にはシミと同じですので、何よりまずは直接的肌に紫外線があたらないように心掛けることが必要です。

季節問わずUVケアを行いましょう。

そしてもう出来てしまっているメラニン黒ずみにはシミ専用の美容液が効果的。

なかでもビタミンC誘導体やプラセンタはメラニンを抑制してくれる働きもありおすすめです。

 

あなたはどちらの黒ずみ毛穴だったでしょうか?

最後に、毛穴とメラニン黒ずみどちらかの見分け方をお伝えいたします。

まず、「皮脂による毛穴の黒ずみ」の見分け方は、触れてみてザラつきを感じるかどうかです。

またザラつきがなくとも普段メイク崩れをしやすい方は、皮脂による黒ずみが原因かもしれません。

「メラニンによる黒ずみ」は、普段皮脂を多く感じずむしろ乾燥肌だったり、色白の方に多くみられます。

 

ご自分の肌を知ることでケア法も全く変わってきますよね。

毛穴黒ずみに気になる方は是非、実践してみてくださいね。

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

今後ともシェービングエステサロンpulun-puan北千住・板橋・恵比寿店をどうぞ宜しくお願い致します。