Blog

ブログ

お知らせ

夏より危険!5月の紫外線がシミをつくる!?|シェービングエステサロンPulun-Puan北千住

こんばんは、北千住・板橋・恵比寿のシェービングエステサロンPulun-Puanの蕪木です。

今年のゴールデンウイークはお天気が良く、素敵な休日を過ごされた方も多かったのではないでしょうか?(^^)

個人的にも私は5月が一番好きなのですが、合わせて気になってくるのが、そう「紫外線」。

そろそろ日傘をさしている女性もちらほらと目に留まるようになってきましたが、5月はシミを作る「紫外線A波」が最も強くなる月なのです。

 

シミを作る「紫外線A波(UVA)」とは?


ご存知の方も多いかと思いますが、紫外線にはĄ波・B波・C波とあります。

紫外線C波」は波長が短く、私たちがいる所まではほとんど届きませんが最も有害性が強く、万が一肌に当たってしまった場合を仮定すると、重度の熱傷となると言われています。

次に有害性が強いのは「紫外線B波」。

B波は5月ごろから増え始め、6月~8月にかけてがピークとなります。

夏になると日に焼けて赤くなるというのは、紫外線B波の影響によるものなのです。

そして「紫外線A波」です。

ここまで聞くと、紫外線A波は肌に一番有害性が少ないのでは?

と感じるかと思います。

しかし紫外線A波は、肌をやけどさせる有害性は少ないものの、波長がもっとも長いため、肌内部まで侵入しやすいのです。

肌内部に紫外線が入りこむと、異物を追い出そうとシミの元となるメラニンが大量に分泌され、結果的に「シミ」を作ってしまうという紫外線A波は、美肌にとって最も大敵な紫外線なのです。

 

夏になるとシミが増えるのはなぜ?


「夏はシミができやすい。」

そう感じる方が多いのでしょうか?

しかし、タイトルでお伝えした通り紫外線A波がもっとも強くなるのは5月です。

では、夏にシミが多く出来るのは何故でしょうか?

答えは、5月に増えてしまった「メラニン」は、7月や8月あたりにやっと肉眼で見えてくるからです。

 

紫外線A波に負けず、シミを作らない肌にするには?


①紫外線を防御すること。

つまりUVクリームなどでしっかりUVケアを行うことです。

ここで、UVケアを行う際のポイントをお教えします。

【UVケア商品選びの際、「PA」表記を確認してみる】

PAとは、紫外線A波(UVA)に対する防御指数。

「PA+++」(もしくは++++)→ 充分なUVA防止効果がある。

「PA++」→ かなりのUVA防止効果がある。

「PA+」→ UVA防止効果がある。

【紫外線反射に注意!日焼け止めは首すじやアゴ裏まで行う】

紫外線反射率ってご存知でしょうか?

コンクリートや芝は、紫外線の反射は数%ほどなのですが、水面20~80%、砂浜10~20%、雪面はなんと80~90%。

これから夏に向け、海や川へ行かれる際はご注意くださいね!

②肌のターンオーバーを整える。

メラニンは肌のターンオーバーによって外へ排出されるメカニズムとなっております。

しかし、このターンオーバーが乱れることでメラニンは肌に残り続け、結果的にシミとなります。

それを防ぐ、いくつかのアプローチ法があります。

・規則正しい生活を心がける、内側からのアプローチ法

・ビタミンCやプレセンタ成分など、外側からのアップローチ法

・シェービングやピーリングケアといった、肌の土台作りからアプローチ法


是非とも今からのUVケア、心がけてみてくださいね。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

LINE@を始めました♪ご登録頂いた方には、「ヘッドマッサージ」または「小顔クリームマッサージ」どちらかが無料です♪


ご登録は簡単です(^^)

1.下記、「友だち追加」ボタンをクリックして、ご登録ください

2.LINE@から、当店へご予約をください(ご予約時は、必ず店舗名の記載をください)

3.スタッフからご返信させて頂きますので、ご予約日にご来店頂いた際にプレゼントさせて頂きます♪

友だち追加

今後とも、シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店をどうぞ宜しくお願い致します。