Blog

ブログ

お知らせ

美白化粧品選びのコツ | シェービングエステサロンPulun-Puan北千住

こんにちは、シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店の蕪木です。

紫外線が強くなるこの時期、シミが気になり何か美白ケアをしなくては!と感じている方も多いのではないでしょうか?

今日は、これから美白化粧品を使おうと思っていらっしゃる方へ、選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

 

実はそれ、美白化粧品じゃないかも!?


パッケージのデザインが白かったり、「ホワイト〇〇」と書かれていたしすると美白効果がありそう、と思いがちかと思います。

しかし実は、美白成分が含まれていない化粧品も中には存在するのです。

では、どのように見分ければよいのでしょうか?

 

美白に有効な成分


化粧品には必ず成分を記載するように義務づけられています。

ですのでパッケージに記載されている成分に、美白効果があるものが入っているかを確認してみることが一番です。

と言われ、成分を見ても何が何だかわかりませんよね・・・(笑)。

そこでいくつか美白に有効的な成分をご紹介いたします。

 

・ビタミンC誘導体

・プラセンタエキス

・アルブチン

・コウジ酸

・エラグ酸

・ルシノール

・ハイドロキノン

・油溶性甘草エキス

・・・と、まだまだ他にもあるのですが、この中でも皮膚科で多く扱われるのが、ビタミンC誘導体・コウジ酸・ハイドロキノン・油溶性甘草エキスなどです。

 

迷ったら「医薬部外品」を選んでみる


美白効果のある成分をいくつか知って頂いたところで、実際には覚えておくこともなかなか難しいのではないでしょうか?

そこで迷ったら「医薬部外品」と書かれたものを選んでみるのも一つの手です。

「医薬部外品」とは、医薬品と化粧品の中間にあたるもので、厚生労働省が有効性を認めた成分を配合したものです。


 

いかがでしたしょうか?

美白化粧品選びのヒントになれればと思います。

最後に、化粧品のパッケージの記載には、有効成分の配合量が多い順に書かれているという特徴があります。

例えば「コラーゲン配合」の化粧品が欲しい場合、いったいどれだけの割合でコラーゲンが入っているのかを知る手がかりにもなります。

ただし、配合量が多いほど効果が高いという訳でもありません。

ある化粧品研究者の話では、化粧品は漢方薬と同様、A・B同じ成分だったとしても配合の仕方で効果の出方がまったく変わるそうですよ。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。


LINE@を始めました♪ご登録頂いた方には、「ヘッドマッサージ」または「小顔クリームマッサージ」どちらかが無料です♪


ご登録は簡単です(^^)

1.下記、「友だち追加」ボタンをクリックして、ご登録ください

2.LINE@から、当店へご予約をください(ご予約時は、必ず店舗名の記載をください)

3.スタッフからご返信させて頂きますので、ご予約日にご来店頂いた際にプレゼントさせて頂きます♪

友だち追加

関連記事


シェービングで出来るシミ予防
はじめに「シミを作らず肌に残さないため」の気を付けるべきポイントをお伝えいたします。そもそもシミが出来てしまう原因は、皮膚内にある「メラニン」。紫外線が肌内に侵入すると、、、(続きはこちら

 

今後ともシェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店を宜しく致します。