Blog

ブログ

シェービング

シェービングで出来るシミ予防/シェービングエステpulun-puan北千住

こんにちは、シェービングエステサロンpulun-puan北千住・板橋・恵比寿店蕪木です。

桜も満開になり始め、やっと春らしくなってきましたね。(^^)

そこで今から気を付けていきたいのが「紫外線」。

春も夏と変わらないほど紫外線が放出されているのです。

夏に出来てしまったと思う「シミ」、実は春に作ってしまっていたものかもしれませんよ。

本日は、これからの時期に気になってくる「シミ」とシェービングケアの関係性についてお伝えしていきたいと思います。

 

「シミ」予防で大事なポイントは3つ


はじめに「シミを作らず肌に残さないため」の気を付けるべきポイントをお伝えいたします。

①UVケアで紫外線予防

そもそもシミが出来てしまう原因は、皮膚内にある「メラニン」。

紫外線が肌内に侵入すると「メラノサイト」という細胞が、基盤となる細胞を守るために「メラニン」を放出し、紫外線の防御をしてくれます。

メラニンにはこのように、肌にとっては大事な役割があるのですがこれが肌に残ってしまうと「シミ」という厄介者と変化してしまうのです。

UVケアの役割は、必要以上にメラニンを排出させないようにすることです。

なぜなら、UVクリームは紫外線を跳ね返し、肌内に紫外線が侵入しないよう保護をする効果があります。

そもそも紫外線が肌内に侵入さえしなければメラニンが放出させるということがないのですからね。

 

 

②肌のターンオーバーを整えて、濃くなる前に「シミ」を外に追い出す

 

 

肌の表面、「表皮」と言われる部分は健康な肌の状態でれば約28日周期で肌細胞が生まれ変わります。

しかし残念ながら、年齢によるものや肌のトラブルを繰り返してしまうことで、肌周期は段々と遅くなっていきます。

そうすると、肌内にあるメラニン(シミ)は、なかなか外に追い出されることなく肌内に長く居座ります。

居座る日々が長ければ長いほど、メラニンはさらに紫外線を浴び続け、やがて「濃いシミ」へと変化をしていってしまうのです。

そのためには、肌のターンオーバーを整え、なるべく早くにシミを皮膚の外へ追い出すことが重要なのです。

 

③シミは薄いうちからの美白ケア

とは言え、シミを100%作らないというのもなかなか難しいことです。

なぜならシミは紫外線の影響だけではなく、ホルモンバランスの影響で出来てしまう場合もありますし、そもそも日常で紫外線に当たらない生活なんて不可能ですよね。

またシミは急にできるというわけではなく、まだ肉眼では見えない状態から「シミ予備軍」として肌に潜んでいます。

ここで大事なのが、濃くなる前から「美白美容液などといった美白ケア」を行うことです。

たとえば、うっかり服に付けてしまったミートソースのシミ、、、。

すぐに洗えば何とか落ちてくれますよね。

でも家に帰ってから気づいてしまったら!残念ながらなかなか落ちてはくれません。

このようにお肌のシミも、早めの美白ケアがポイントです。

 

シェービングで出来るシミ予防


前置きが長くなってしまいましたが、本題です。

ではなぜ、シェービングでシミ予防が出来るのでしょうか?

それは先でお伝えした②の肌のターンオーバーと深く関わっています。

シェービングをご経験の方は、お肌の仕上がり感で何となくお分かり頂けるかもしれませんが、シェービングには「ピーリング効果」があります。

ピーリングとは、肌表面の余分な角質を取り除くという効果もあるのですが、肌のターンオーバーを正常化に戻しやすくする働きがあります。

なぜかというと、そもそも余分な角質がお肌に残ってしまっていること自体が肌のターンオーバーを乱してしまうからです。

まとめますと、シェービングはピーリング効果により肌のターンオーバーを整え、「シミ」を早い段階から外に排出する手助けをしてくれるということなのです。

さらにシェービング後は余分な角質が取れている状態ですので、美容成分の浸透も高まります。

そこで美白美容液を使用して頂くことで、よりシミケアが強化できます。

 


いかがでしたでしょうか?

シェービングで出来るシミ予防についてがお分かりいただけましたでしょうか?

また、シミに限らず肌老化を早める多くの原因は紫外線です。

紫外線に負けない肌を目指しましょう!

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

今後ともシェービングエステサロンpulun-puan北千住・板橋・恵比寿店をどうぞ宜しくお願い致します。