Blog

ブログ

シェービング

きれいな「もみあげ」の作り方|シェービングエステサロンPulun-Puan北千住

こんにちは、シェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店の蕪木です。

女性にとって、もみあげが濃いということは、どことなく男性的な印象を受けてしまい、気にされている方も少なくないのではないでしょうか。

かと言って自分で整えてみようと思っても、どこまで処理をしていいのかラインが決まらず結果的に左右いびつに仕上げってしまったりと、なかなか難しいですよね。

本日は、きれいなもみあげラインの作り方についてお伝えしていこうと思います。

 

きれいな「もみあげ」は小顔をつくる?!


男性のもみあげの作り方と違い、女性の場合はスッキリとしたもみあげラインがお顔を美しくみえるコツです。

モジャついた毛を整えるとフェイスラインがすっきりし、それだけで小顔効果が得られます。

さらに余分なもみあげを取り除くことは、清潔感を感じさせる印象を与えてくれます。

 

剃る際の注意点


作り方の前に、ご自身で処理される際の注意点をお伝えさえて頂きます。

もみあげラインは、お顔の横側なのでちょっと剃りにくさもあると思いますので、できれば電気シェーバーを使用することをおすすめいたします。

もしお持ちではない方は、ガード刃(安全刃)つきのものを使用すると肌をうっかり傷つけるというリスクは少なくなります。

(ガード刃とは、刃の部分を見てもらうと線状にガードさせているのが確認できると思います。市販のカミソリの大半はガード刃ですが、そうでないものもあります。)

また、T字カミソリもライン作りが難しいと思いますので、I字カミソリを使用してみてくださいね。

そして、剃る際には必ずクリームを使用して行ってください。

クリームをつけることで毛がまとまりやすくなるので、ラインが作りやすくなるということもあるのですが、何よりカミソリの肌への負担を避けるためです。

またシェービング後は、肌が乾燥しやすくなるため痒みが出てしまうこともありますので、処理後にも化粧水やクリームで仕上げてくださいね。

実際カミソリ負けを引き起こしてしまう多くの原因はアフターケア不足なのです。

 

きれいな「もみあげ」の作り方


ではさっそく、きれいなもみあげはどのように仕上げればよいのでしょうか。

ご自身で行う際は、もみあげラインがよくわかるように、まずピンやダッカールで耳の後ろでしっかりおさせてくださいね。

もみあげの形が確認できたら、逆二等辺三角形を作るイメージで剃ってくのですが、どこまでの長さまで整えていけばよいのかが迷うところだと思います。

そのポイントは、耳たぶの上部ライン。

触れたときに耳たぶの上部に軟骨があると思いますが、そこまでの長さに合わせ、幅は約1センチくらいを目安に、逆二等辺三角形を作っていけば、キレイなもみあげラインの完成です。


いかがでしたでしょうか?

髪が長い方は今まで、もみあげをそこまで気にしたことがなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし暑さを迎えるこれからのシーズン、髪をアップにするスタイルも増えるかと思いますのでご参考になさってください。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。



LINE@を始めました。

ご登録頂いた方には、「ヘッドマッサージ」または「小顔クリームマッサージ」どちらかが無料です♪

ご登録は簡単です(^^)

1.下記、「友だち追加」ボタンをクリックして、ご登録ください

2.LINE@から、当店へご予約をください(ご予約時は、必ず店舗名の記載をください)

3.スタッフからご返信させて頂きますので、ご予約日にご来店頂いた際にプレゼントさせて頂きます♪

友だち追加

関連記事


「”本格シェーブ”と”ソフトシェーブ”の違い」

本格シェービングとソフトシェービング、どちらを選ぶべき?ここで本格シェービングとソフトシェービングそれぞれの特徴をお伝えしたいと思いますので、ご自分にはどちらが、、、(続きはこちら

 

今後ともシェービングエステサロンPulun-Puan北千住・板橋・恵比寿店を宜しく致します。